実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ

更年期障害とは?

更年期障害とは、閉経した女性にみなれる症状です。

 

日本人女性の閉経を迎える平均年齢は、50~51歳と言われています。

 

一般的に閉経をはさんだ45~55歳の約10年の期間を「更年期」と呼んでいます。

 

更年期障害の原因は、閉経に伴って卵巣機能の衰退と女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減少することで起こります。

 

ここで「エストロゲン」とはどのような働きをするのか説明します。

 

エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて分泌されます。

 

エストロゲンが多く分泌されている期間中は、比較的お肌や体、心が安定していて体調もとてもいいです。

 

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンと呼ばれており、妊娠に備えた体作りや、自律神経、骨、皮膚、脳の働きなど幅広い働きをしてくれます。

 

このエストロゲンが減少してしまうと、今までエストロゲンによって調整されていた体の機能がうまく働かなくなってしまいます。

 

すると脳が卵巣にもっと女性ホルモンを出すように命令を出します。

 

これにより脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼしてしまい、自律神経の調節がきかなくなってしまいます。(自律神経失調症)

 

つまり、今まで分泌していた女性ホルモンが急激に減少してしまうことで、自律神経の乱れが起き、体や心の不調が出てきてしまうのです。

 

この状態は少なからず閉経に伴い症状は起こりますが、人によって重さが違います。

 

特に日常生活にも影響が出てしまうほどの症状の場合は、「更年期障害」と呼ばれ治療をしていくことが必要になってきてしまいます。

 

では主に見られる更年期障害の症状はどのようなものがあるのか簡単に紹介します。

 

①肩こり

 

更年期になって首や肩こりがひどくなってしまう人が多いそうです。

 

エストロゲン減少による自律神経の乱れが症状を強くしてしまうそうです。

 

②疲れやすい・倦怠感

 

何をするにもやる気が起きず、疲れてだるいといった更年期障害特有の症状です。

 

周囲からの理解が難しいのですが、病院で治療をしてもうことにより改善できます。

 

③頭痛

 

頭痛は女性に多い症状ですが、更年期に入り更に悪化する人が多いです。

 

更年期障害で起こる頭痛の原因は、脳血管の血管壁の痙攣や収縮によるものと考えられています。

 

これもエストロゲン減少が関係しています。

 

④のぼせ・ほてり・発汗

 

自律神経の調節がうまくいかないことにより、急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。

 

⑤腹痛・腰痛

 

腹痛で更年期障害以外にも気をつけなくてはいけないのが「卵巣腫瘍」です。

 

また腰痛だと閉経後骨粗しょう症が更年期にはよくみられます。

 

⑥不眠

 

エストロゲン減少によって自律神経に異常が出てしまい、寝付きが悪い、眠りが浅い、直ぐ目が覚めてしまうといった症状が出てしまいます。

 

⑦イライラ

 

ホルモンの変化により、ちょっとしたことでイライラしたり不安になったりと感情の起伏がが激しくなってしまいます。

 

⑧動悸・息切れ

 

激しい運動をしたり、興奮したわけでもないのに、いきなり心臓がドキドキして呼吸が苦しくなったりします。

 

原因はエストロゲン減少による自律神経の乱れから起こるものです。

 

⑨うつ状態

 

気持ちが塞ぎこみやすくなってしまいます。

 

本当のうつ病か更年期障害でのうつなのかは、専門医しかわかならいので受診することをおすすめします。

 

⑩めまい

 

加齢による血管の収縮や拡張がうまくいかずに起こる場合や更年期障害で起こる場合があります。

 

以上いくつかあげましたが、自身で「更年期障害」と判断してはいけません。

 

1つでもあてはまり、重度な症状であれば必ず医師の受診をすることをおすすめします。

 

 

実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ