実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ

若い女性も注意すべき更年期障害

「更年期障害」と聞くと、閉経前から閉経後の40代後半から50代の女性に多いイメージをするかと思います。

 

実際44歳~55歳の間を「更年期」と呼び、その間に起こる症状を「更年期障害」と呼んでいます。

 

近年では「若年性更年期障害」と呼ばれるものがあり、若い女性も注意しなくてはいけません。

 

若年性更年期障害は20代~30代の女性が発症する症状を指します。

 

しかし、実際の更年期障害が起こっているのではなく、更年期障害に似た症状が出ている事をいいます。

 

では「若年性更年期障害」と「更年期障害」とではどんな違いがあるのか説明します。

 

いわゆる「更年期障害」とはエストロゲンの減少によって卵巣機能が低下し、ホルモンバランスの乱れにより体や心の不調が起こります。

 

一方「若年性更年期障害」では20代~30代ではエストロゲンが減少することはまれなので原因は異なります。

 

敷いて言うなら、強いストレスなどにより自律神経失調症が起こり、卵巣機能が不全して月経不順になってしまうということです。

 

体や心の不調では、月経前症候群(PMS)により似た症状が出てしまうと考えられます。

 

若年性更年期障害を放っておいてしまっては大変なことになってしまいます。

 

そこでまずは自分が若年性更年期障害なのかセルフチェックをしてみてください。

 

□月経不順や月経痛がたまにある

 

□頭痛や胃痛がある

 

□肩こりや腰痛が中々治らない

 

□のぼせやめまい、耳鳴りが気になる

 

□肌荒れが中々治らない

 

□抜け毛や白髪が増えた

 

□便秘または下痢になりやすい

 

□ドライアイ、ドライマウスになりやすい

 

□寝付きが悪い

 

□トイレに行く回数が以前に比べて増えた

 

□体重変化が激しい

 

□食欲があまりない

 

□イライラしやすい

 

□仕事や家事をさぼりたくなってしまう

 

□以前に比べて注意力や集中力がなくなった

 

□笑うことが無くなってしまった

 

□気持ちが沈むことが多くなった

 

□人と話すことが億劫に感じてしまう

 

以上です。

 

もし5つ以上当てはまったのであれば、注意しなくてはいけません。

 

気になる症状が出ているのであれば、婦人科を受診してください。

 

内科や心療内科では、若年性更年期障害を診断することは難しいそうです。

 

治療方法は、早発閉経なのか、卵巣機能の低下やホルモンバランスの乱れなのかを調べます。

 

それにより、ホルモンバランスを調整したり、ホルモン補充を行って改善させます。

 

若年性更年期障害は、早発閉経以外であれば日常で予防が可能です。

 

無理なダイエットをしない、ストレスをためない、食生活と生活習慣の見直しです。

 

「若いから大丈夫」という考えは捨てましょう。

 

 

実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ