実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ

更年期障害ホットフラッシュとは

日本人女性は、平均50.5歳で閉経してしまいます。

 

閉経間近から閉経後にかけて起こりうるのが「更年期障害」です。

 

更年期障害は身体や精神に何らかの症状が出始めてしまいます。

 

症状の重度は人それぞれで、気にならない人もいれば日常生活に支障をきたしてしまう人もいます。

 

症状の一つとして有名なのが「ホットフラッシュ」です。

 

ホットフラッシュは真冬でも、特に激しい運動などしていなくても自分の意識に関係なく大量の汗をいきなりかくことをいいます。

 

急に体が火照り出し、顔や首すじ、背中などに洋服がグッショリするほどの汗が噴き出します。

 

朝目覚めた時や、人と話しているときなどいつどんな時に起こるかわかないのが特徴です。

 

更年期の女性の約40%~70%もの人が、このホットフラッシュが実際に発症しているそうです。

 

ではどうしてホットフラッシュが起きてしまうのか、そのメカニズムを説明します。

 

更年期に突入すると、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が減少してしまいます。

 

エストロゲンは女性らしさを作り出すホルモンで、骨や皮膚といった私達の様々な部位にも必要になってきます。

 

今まで分泌されていたエストロゲンが減少してしまうと、脳が「卵巣刺激ホルモン」にエストロゲンをもっと分泌するように指示を出します。

 

しかし、更年期により卵巣が老化してしまうためエストロゲンは今までと同じ量は分泌されません。

 

ここで「エストロゲンの減少」と「卵巣刺激ホルモンの増加」が起こり、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。

 

またホルモンの乱れと同時に、自律神経の乱れも起きてしまいます。

 

自律神経が乱れてしまうと、血管の収縮や拡張が上手くコントロールできなくなってしまい、結果ほてりやのぼせ、発汗の原因に繋がってしまいます。

 

特徴として、多量の発汗が急に起きると話しましたがもう一つあります。

 

それは顔などの上半身は熱くほてっているのに対し、足先などの下半身は冷たくなっています。

 

汗はサラサラしていなく、ねっとりしている事も特徴です。

 

その為臭いもキツイ臭いを放ってしまっていたりします。

 

ホットフラッシュの起こっている時間は人それぞれで、30秒程で収まってしまう人もいれば30分以上も続いている人もいます。

 

対処法としては、ホットフラッシュが起きてしまったら冷たいタオルやウェットティッシュなどで首筋を冷やす事です。

 

また、腹巻などをしたり温かいものを飲んで下半身を温める事もいいそうです。

 

その他に短期間でホットフラッシュを治すならば、ホルモン補充療法をおすすめします。

 

更年期障害で起こりうる「ホットフラッシュ」を上手く乗り切りましょう。

 

 

実際に試した結果、おすすめのホットフラッシュサプリ